高齢者の皆様に、安心をお届けする。

安心・安全な高齢化社会の構築を提案・実行する会社です。

安心・安全な高齢化社会の構築のために、医療と介護の垣根を越えたヘルスケアの実現を目指します。

さまざまな方々が安心してお住まいいただける住宅のご提供や、医療介護に従事する方々が働きやすい環境整備、安定経営が見込める事業スキームを策定しご提案いたします。

介護・医療施設案件の特化し、安全性の高い不動産流動化スキームをご提案します。

当社の不動産流動化(証券化)事業は、市場の拡大が期待できる介護・医療施設に特化しております。

不動産流動化(証券化)とは、介護施設の不動産(土地と建物)を特定目的会社に対し売却し、その介護施設が生み出す資産価値・キャッシュフローを原資として資金調達を行うことをいいます。

介護施設(土地と建物)を所有し介護事業を行っていたオペレーターは、特定目的会社への売却後も、引き続き事業を継続することができます。

流動化のスキームを活用することで、新たに介護事業物件を購入し事業を拡大をすることが可能になるとともに、バランスシートのオフバランス等の幅広いニーズにお応えできます。

イリスケアーでは以下の目的で本事業を行っております。

1.医療介護を通じて地域包括ケアを実践していくうえで先細る財政に頼らず、地域で生産物を作ることにより医療介護の利用者様への資金的な負担を軽減することにより持続可能な地域包括ケアシステムを構築していく考えでおります。
2.ICT等の新技術を積極的に活用することにより超省力な大規模生産が可能なスマート農業の実現を目指してまいります。(牛恩恵
3.本事業を通して働く意欲の高い高齢者や障害者を積極的に採用していき高齢者や障害者の支援体制の強化を 図ってまいります。

イリスケアーからのお知らせ

お知らせ一覧

このページの先頭へ